まちづくり・青少年委員会基本方針

まちづくり・青少年委員会

委員長  川本 健太

 

 

ふるさとへの愛着は、より良い黒部市を作っていくための原動力であり、黒部市に住む人々にとっては欠かすことのできないものですが、市民の皆様はふるさとに対する愛着を持ってはいるものの、まちづくりに対し自発的に携わるほどの愛着を持つ方は少ないのが現状です。市民の皆様に、より自発的にまちづくりに携わっていただくために、黒部市にある自然環境やコンテンツを活用し、人とまちとの結びつきを深めていくことが必要です。

まずは黒部市へのより深い愛着を持っていただくため、これまでの黒部市の発展を支えてきた水資源の歴史や産業とのつながりに着目して詳しく学んでいただきます。そして、会員自身が率先して黒部市の価値や魅力を発信することができるように、会員自らが現地に足を運び、黒部市における水資源の重要性や魅力を再認識していただきます。さらに、市民の皆様に黒部市のコンテンツへの愛着を深めていただくため、黒部市内にある公共交通を活用した体験型の例会を開催し、まちに対する興味関心を喚起し黒部市への郷土愛を深め、まちづくりの主役は市民であることを再認識していただきます。また、市民一人ひとりに食を通じて黒部市への愛着を持っていただくために、農業体験を実施します。黒部市内にJC農場を開設し、そこで様々な作物を事前に会員が主体となって栽培し、市民の皆様には栽培過程でどのような作業を経ているのかを紙資料や映像を交えながら収穫前に学んでいただきます。そして、収穫及び調理までを行うことで、食べ物を大切にすることの重要性や共同作業をする中で生まれる達成感を感じていただくとともに、人と人、人とまちの結びつきを深めていただきます。

まちの未来を担うという気概と責任を持って行動する我々会員と、より黒部市への愛着を深め、まちづくりへの自発的な意識を高めた一人ひとりの市民が、夢や活気に満ち溢れた『愛着のあるまち黒部』の創造に向かって動き出すことを確信します。

 

 

【事業計画】

1.例会の企画・運営(4 月、7 月)

2.納会の企画・運営(12 月)

3.事業の企画・運営

4.水のコンサート&フェスティバルへの協力(7 月)

5.まちづくり協議会自転車イベントの協力(8 月)