まち・ひと・みらい創生委員会
委員長 土肥 大地

近年、日本の多くの地方都市では少子高齢化や出生率の低下、大都市への転出などが続き人口が減少傾向にあり地域の活力が衰退しつつあります。その一方、黒部市では以前よりも若者たちのUターンなどを含む転入が増えています。今後、その傾向を持続させていく為にも、黒部に住む若者たちが進学や就職などで人生の岐路に立った時、住み続けたい、将来帰って来たいと思えるよう、地域の魅力を若者たちに伝え、住み暮らす「まち」に誇りを持っていただくことが必要です。

そこで当委員会では、我々が住み暮らしている黒部を俯瞰的に捉え、「普段の生活の中では気付かない地域の魅力」を考え、発見し、共有することで将来、地域を担う若者たちに「まち」に対する誇りを持っていただく運動を行います。まず、黒部に住まう若者たちや地域の方々と共に、今ある地域の資源や魅力を考え共有する例会を行います。この黒部には地域の方々が誇れる恵まれた大自然が広がっています。その中でも「普段の生活の中では気付かない地域の魅力」を、体験型の例会を通じてその場所に訪れることで発見や再認識をしていただきます。そして、その経験を通して発見した地域の魅力を様々な手法を用いて広く発信します。また、地域の未来を担う若者たちが同世代の方々と共に人とのつながりの大切さ、そして黒部の魅力を互いに協力し合い学んでいただく事業を行います。さらに、私たちのように熱い志を持ち、活気溢れる地域にしたいといった団体や企業は多数あります。そういった同志との連携を図り、より黒部の魅力を地域の方々に伝える運動を行ってまいります。

私たちが住み暮らすこの黒部市は自然豊かで魅力溢れる素晴らしい地域です。そのことを黒部青年会議所の例会や事業を通じてメンバーは勿論、黒部に暮らす若者たちにも認識していただくことにより「まち」に誇りを持っていただくことができます。その結果、地域が活性化し明るい豊かな黒部につながると確信しております。

【事業計画】

1.例会の企画・運営(5月・9月・10月)

2.事業の企画・運営

3.新川地域精神保険福祉推進協議会、交流会への協力(10月)

4.黒部学園もちつき大会への協力(12月)