アカデミー委員会
委員長 菅野 竜寛

 黒部青年会議所は40年間、地域と共に歩み、これからも必要とされる存在でなければいけません。また、代々受け継いできた想いを現役メンバーは次世代へと受け継いでいかなければなりません。そのためには、会員拡大は今年度だけでなく、5年、10年先を考えて中期での目標を立て、通年を通して計画的に継続をしていかなければいけません。また、入会年数の浅いメンバーも増え、若返りを図る上でメンバーの育成も必須になってきます。

 本年、アカデミー委員会では会員拡大を最重要課題と位置づけ運動していきます。ただ勧誘を行うだけでなく、まず我々のことをもっと知ってもらうことが大事であると考え、黒部青年会議所を支えるメンバー構成や運動内容、我々がどのような想いや悩みを抱えて青年会議所の活動をしているのか、この40年間の歴史や歩みをしっかりと伝えていきます。また、青年会議所の魅力やメリット、運動・活動が自己の成長や資質向上に繋がることも伝えていきます。今年度はその1年目と位置づけ勧誘の体系や土台づくりもおこなっていきます。具体的には、PR用のパンフレットの作成、訪問時のマニュアルづくり、定期訪問の体系づくりや青年会議所を身近に感じてもらえるように一般の方とは別に新入会員候補者には定期的に例会や委員会などへも参加してもらい、青年会議所やメンバーとの接点の機会を年間通して行っていきます。また、もう1つの担いとしては、メンバーの育成です。入会3年以内の若いメンバーや在籍の長いメンバーも含め、それぞれの立場で学んでいただけるように3月度例会ではメンバーの育成をテーマにした企画して運営します。その他にもわんぱく相撲の企画・運営やブロック大会、全国大会までの参加、協力を行うことで、新入会員はもちろん現役メンバーにも達成感ややり甲斐を持たせ、メンバー一人ひとりの資質向上を図ります。

 志を同じくするメンバーが己を高め合い、切磋琢磨していくことで自己の成長に繋がり、企業や地域の中で必要な存在となります。そのような想いの連鎖こそが未来の黒部をより明るく豊かにしていくと信じています。

【事業計画】

1.会員拡大活動(通年)

2.例会の企画・運営(3月)

3.とやまアカデミーへの参加

4.わんぱく相撲名水場所の企画・運営(6月)

5.まちづくり協議会自転車イベントへの協力(9月)

6.納会の企画・運営(12月)