総務委員会
委員長 松田 賢悟

 「明るい豊かな社会」の実現をめざす黒部青年会議所は、今年で41年目を迎えます。先輩諸氏が実施された多くの各種会議、委員会活動等により、様々な工夫が重ねられ、現在の組織運営に役立てられています。これからも黒部青年会議所が輝かしい未来へとつながる運動をしていくためには、諸会議の設営や広報等をはじめとした総務の担いが、円滑かつより効果的に実施されなければなりません。

 そこで本年度の総務委員会としては、現役メンバー一人ひとりが、全力で活動ができるように、組織運営の基盤として各委員会をサポートし積極的な広報活動を行っていきます。まず運営面においては、黒部青年会議所として重要な議案が決議される理事会が有意義なものになるように、各委員会と密な連絡を取り議案書の進行具合を把握し、議案の早期提出を促していきます。そして議案・各種資料を入念に精査する時間を十分にとった後に期日までに配信することで、理事会構成メンバーが会議前に議案を熟読、熟考できるようにしていきます。財政面におきましても、書類に不備が無いかを事前に精査し、例会や事業の際に支障がないように行ってまいります。広報面においては、今年度は新たにInstagramを導入します。Instagramは写真や動画の投稿に特化したSNSであると共に、年々ユーザー数が増加傾向であります。このツールをこれまでのHP、Facebookと併用していくことで、黒部青年会議所の運動をより多くの方々に効果的に発信していきます。また、シニアの皆様に現役メンバーの活動や運動を知っていただき、繋がりを深めていくために今年度も「渓流」を発行していきます。

 総務委員会が、自覚と責任を持ってより良い会議設営と広報活動等に取り組むことで、黒部青年会議所の魅力的な運動の一助に繋がると考えます。その結果、組織により強い信頼関係を築くことが出来、その強固な基盤の上に地域発展への運動が推進される力が生まれると確信しています。

【事業計画】

1.基本資料の作成

2.理事長就任式及び新年祝賀会の企画・運営(1月)

3.総会の企画・運営(2月、8月)

4.卒業例会の企画・運営(11月)

5.HP、Facebook、Instagramの運営管理

6.財政管理及びコンプライアンス管理

7.『渓流』発刊