地域のにぎわい創出委員会

委員長 廣瀨 ゆみ子

 一昨年から続く新型コロナウイルスの蔓延により青年会議所のみならず、地域全体においても人の流れは停滞し活気が失われました。そして社会環境や生活環境の様々な変化に伴い、まちづくりという視点においても今まで通りとは行かず、これが慢性化することはまちの衰退につながりかねません。我々は今こそ青年らしい発想でこの現状を打開し、誰もがまちづくりに参加できる環境を創出していく必要があります。
 まずは、現在の生活環境の中でも市民の皆様の心を明るくするために、事業を計画し、地域の賑わいの一助にします。ただ賑わいをもたらすのではなく、青年会議所らしい発想で社会課題をまちの賑わいに変えていきます。そして、これまで当たり前と考えていた生活とは異なる視点に目を向け、新たな発展につながっていく地域を目指し活動・運動を行っていきます。さらに、行政や他団体と連携してその活動・運動を強固なものにし、市民の皆様にも広く関心をもってもらえる事業にすることで、生活環境によって人それぞれに
12 感じる課題も異なることを発信し、関心のある人が行動できる人へとつなげていける機会を創出します。また、わんぱく相撲名水場所は3年ぶりの開催を目指し、各小学校にも細やかな配慮をし、準備を進めてまいります。青年会議所が開催し続けてきたこの事業をより多くの方に周知し、協力をいただきながら、子供たちの成長の場を提供していくとともに、会員においても開催の意義と実際の設えを通して学ぶことで、行動力や対応力を高めていただきます。
 私たちが考えるまちへの想いは、きっと市民の方々にも伝わり、どこか不安げな今の時代に負けない活気を与えます。そして、先を見据えた取り組みは、必ずや地域の賑わいにつながっていき、次世代が伸びゆく社会形成に結びつくと確信しています。

【事業計画】

1.例会の企画・運営(2回 3月・5月)

2.事業の企画・運営(1回)

3.新川地域精神保険福祉推進協議会 交流会への協力(10月)

4.まちづくり協議会への協力

5.黒部市社会福祉協議会への協力