北方領土委員会

委員長  坂本 久享

戦後から75年間、北方領土問題に関して民間レベルでは様々なことが取り組まれていますが、政府間交渉では特に大きな進展はありません。問題が長期化することで国民の意識は低下し、北方領土問題自体が風化することが懸念されます。この問題の解決に向けて一人でも多くの国民が高い関心を持ち続け、後世に引き継いでいくことが大切であり、問題解決の重要性について声を上げていくことが必要です。
 まずは北方領土問題への関心をさらに深めていただくために、北方領土の歴史や現状を知り問題解決の重要性を再認識してまいります。その中で我々ができることを考え、問題解決への意識向上を図ります。そして元島民の想いや問題自体を風化させず後世に引き継いでいくために、北方領土問題を周知させるには何をどのように活用すれば効果的であるか、多くの方々に関心を持って問題解決について考えていただけるかを模索し、新たな手法を検討してまいります。その検討結果をもとに、今まで取り組まれてきた北方領土問題に関する様々な活動・運動とは異なった手法を見出し、国民の問題に対する関心の向上を図ります。さらに、北方領土問題解決の重要性を知ることで活動・運動を行っていくことの大切さについて多くの方々に認識していただくために、北方領土問題のこれまでの歴史・現状の課題など様々な情報やこれまで行われてきた黒部青年会議所での取り組みなどを紹介し、発信して参ります。これにより国民一人ひとりが問題解決への意欲向上と、声を上げ続けることの必要性を認識していただきます。
 幅広い世代の方々一人ひとりが北方領土やこの問題に関心を持ち、声を上げ続けることで解決への高い意識が芽生えます。これにより同じ志をもった国民が増えることで気運が高まり、解決への道が切り開かれ希望の光が見えてくると信じています。

【事業計画】

1.  例会の企画・運営(2回 4月・9月)

2.  事業の企画・運営(1回)

3. 各種街頭キャンペーン実施(2月・8月)

4. 水のコンサート&フェスティバルへの協力