総務委員会

委員長  川端 一徳

黒部青年会議所は、地域の皆様からの信頼や支えをもとに、長年の活動・運動を続けてまいりました。そうした中、総務委員会は組織の中枢部において、各会員の活躍や組織全体の下支えのための調整を重ねてきました。裏方の立場とはいえ、私たちが扇の要として黒部青年会議所の活動・運動に寄与できる職務は数多くあり、本年度もその役割を着実に果たし組織運営上の基盤を作っていく必要があります。

まずは組織全体の潤滑油としての機能を果たしていくために、定款及び諸規則に則った組織運営を推進します。具体的には、諸議案が審議される理事会を滞りなく進められるよう、議案書の上程日厳守を各委員会に求め、会議までに参加者が議案内容を事前に精査できるように努めます。さらに広報面では、より多くの人びとが黒部青年会議所に関する情報へアクセスすることのできる機会を設けるため、昨年に引き続きホームページやSNSを通じて迅速な情報発信を心がけることに加えて、黒部市内のまちづくりに関わる諸団体に対して、黒部青年会議所に関する情報提供を行います。また、現在にまで連綿とつながる黒部青年会議所の活動を担われてきたシニアの皆様に、現役会員の活動・運動を広く知っていただくため、渓流を発行いたします。さらに公益社団法人としてふさわしい水準の財務透明性と健全な財務会計基盤を担保するため、請求書や領収書等の取引書類、一つひとつの確認と精査を心がけ、日々の活動・運動に伴う支出状況が明瞭であり、かつ、滞りなく事業が遂行されるような財政管理体制づくりを心がけます。

総務委員会が扇の要としての自覚を持ち、気遣いのある職務に精励し、黒部青年会議所の全会員がより強い信頼関係で結ばれ、明るい豊かな社会を作る活動・運動のさらなる推進が可能になり、組織全体が活気づくことを確信します。